プランナー任せではダメ!プレ花嫁の結婚準備を効率化させたインスタグラム

この記事をかいた人

Kazuki Shinzato
ブライダルラボ代表。ウェディングをメインに映像制作/カメラマン派遣のサービスを展開中。予算削減提案をメインにウェディングアドバイザーとしても新郎新婦を支援。”ブライダル業界の高額相場に合わせず適切な価格で高品質なサービスを提供”を常に心がけている。

私はブライダルに特化した映像制作スタジオとして新郎新婦のお手伝いをしています。

最近感じていることは、お客様からのお問い合わせ時期が早くなってきたということ。

これまでは結婚式から約3ヶ月前~2ヶ月前のお問い合わせが多かったのですが、最近では式場と契約をしてすぐ、結婚式1年前にブライダルムービー制作のご連絡があります。

この差はなぜ生まれたのか。

私はインスグラムの影響だと思っています。

新郎新婦の結婚準備を効率化させたインスタグラム

 

今まではウェディングプランナーからの指示が全てだった。

結婚式2、3ヶ月前にお問い合わせいただくのが多い理由は、式場側の段取りが理由です。

式場との契約後の流れをざっくりと。

・式場契約

・ほとんど何もしない期間

(1年前に契約した場合は半年以上ほとんど何もしない期間があります)

・結婚式3ヶ月前から具体的な打ち合わせが始まる

(もっと早くから準備するようプランナーが指示を出してくれればこんなにバタバタせずに済んだのにと感じる)

・結婚式ギリギリまで準備をする毎日

・結婚式

基本的に新郎新婦はウェディングプランナーに任せているので指示がなければ具体的な行動にはうつりません。

こんなこともあると思います。

新郎新婦「結婚式のオープニングムービーを作りたいのですが」

プランナー「具体的な打ち合わせが始まるのが3ヶ月前からなのでその際に詳しくご案内いたしますね」

この回答があるとほとんどの新郎新婦は”それまで待っていればいいのか”となります。

過去に結婚式を挙げた経験があれば別ですが、基本的に初めての結婚式なのですからプランナーに言われたことに対して疑問を感じる方は少ないのです。

このようなことが理由で、お問い合わせは結婚式3ヶ月前 前後に集中するのです。

ちなみに式場でもムービー制作(オープニングやプロフィール)の依頼はできますが、コストパフィーマンスが低いという理由で、式場には頼まず外部業社に依頼する新郎新婦が多いです。(お客様から「式場でサンプル見せてもらったのですがクオリティが低いのに価格は高いので依頼しました」とおっしゃっています)

結婚式の準備において最強なインスタグラム

ここからが本題で、ではなぜ最近は1年も前からお問い合わせをいただくことが多くなってきたのか。

フォトSNS インスタグラム が理由だと思っています。

インスタグラムを見ると、プレ花嫁専用アカウントというものがあります。

個人アカウントと別に、結婚式の準備から当日までの記録用に写真や動画を投稿していくもう一つのアカウントです。

例えばインスタのハッシュタグ検索で”ブライダル”と入力すると、ブライダルネイル・ブライダルヘア・ブライダルフォト・ブライダルエステ etc…

”ブライダル”

”プレ花嫁”

”結婚式”

******

ゼクシィを隅から隅まで読んだとしてもアクセスできない情報が、インスタグラムでは結婚式関連の情報でアクセスできないものはないと言い切れるほど溢れています。

インスタで情報収集していることで少しずつ”結婚準備は何をしなければいけないのか”など、知識もついてきて、様々な準備を早めにしておこうと考えられるのです。

早めに準備をしておくと様々なメリットがあるので、結婚準備の情報源としてインスタグラムはとても良いサービスだと思います。

まとめ

私はムービー制作以外に、ウェディングアドバイザーとしても動いています。

3ヶ月前にご相談いただくのと、1年前にご相談いただくのでは、話す内容が全く違います。

お問い合わせが早ければ早いだけ、結婚式で損をしないご提案ができるのでそういった意味でも、早くから具体的な情報収集できる環境にあるということは素晴らしいことだと思っています。

過去にこんな記事も書いたのでぜひ読んでみてください。

プレ花嫁がブログやInstagram(インスタグラム)を始めるメリット

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です