式場契約でオススメな時期は?結婚式3ヶ月前です。

この記事をかいた人

新里 和樹 Kazuki Shinzato
自身の結婚式を機にブライダル業界入り。「ウェディング業界の高額相場に合わせず、高品質のサービスを適切な価格で」をモットーに映像制作とカメラマン派遣。予算削減をメインにウェディングアドバイザーとしても新郎新婦を支援。

一般常識からしたらこの記事のタイトルは”アホか”と思われそうですね(笑)

常識を疑うことと、ブライダルフェアに行く前にしっかり情報収集(交渉術)しておけば無駄を省いた満足のいく結婚式をあげられます。

 

式場契約は挙式日の約1年前が一般的

新郎新婦が式場と契約するタイミングは、挙式日の一年前 というのが平均的です。

一年前に契約して、ウェディングプランナーと一年間もかけて結婚式の準備はするのでしょうか?

いえ、そうではありません。

式場契約後、打ち合わせのスタート時期は?

基本的な式場やホテルでは、結婚式の約3ヶ月前から打ち合わせが始まっていきます。

その前にやることといえば、ドレスやタキシードなど、衣装合わせぐらい。

新郎新婦自身も、打ち合わせが始まるまでは、何の準備をされない方もいます。

とすると、一年も前から式場と契約する必要はないのです。

 

一年も前に式場契約するのが一般的な理由は?

ブライダルフェアなど、式場見学に行くと『◯月だともう◯日しか空いてないです』『この日は3組の方が調整中なので早めに決めていただかないと埋まってしまいます』などなど、今すぐに決めないと埋まってしまう という営業トークをされると思います。

実際に人気の時期、または人気の式場だと埋まってしまう可能性は確かにありますが、基本的には営業トークだと思って問題ないです。

元々、絶対にこの式場で式をあげたい!という思いはなく、さらになるべく予算削減したいという新郎新婦は、早めに契約しないほうがいいのです。

 

ブライダルフェアでのお得なキャンペーン

早割や今だけキャンペーンなど、早期契約をすることで割引します という式場がほとんど。ブライダルフェアに行って1週間以内で契約される新郎新婦が多いのはこのような理由からです。

街中で一年中”閉店セール”をしているお店をみたことはありませんか?

同じようなものです。

 

現実的に3ヶ月前は予約できないのでは?

3ヶ月前に式場を探したって、どこも空いてないのではないか。

どこかしら空いてる式場はあると思います。 仏滅などを理由に契約にならなかった日程もあるでしょうし、何らかの理由で契約後にキャンセルになった日程もあるはず。

ほとんどの新郎新婦が一年前に式場を探す中、3ヶ月に探す新郎新婦は稀です。

式場からすれば、結婚式が入っていない日程を埋めるチャンス。

0円か、数百万かの差は大きい。

ということは、予算交渉に応じやすいということです。

憧れの式場はなく、どの式場もそんなに変わらないでしょ とお考えの新郎新婦は、世の中の動きに合わせないことで予算を抑えた結婚式が挙げられるでしょう。

旅行で言えば、年末年始やゴールデンウィークは高い。人気のない時期は安い。

電車なら、朝のラッシュ時は満員でストレス。時間をズラせば座れてノンストレス。

ディズニーランドやUSJだって、土日祝日に行くより、平日に行ったほうが効率的に遊べます。

 

なるべく安く良い条件で式場契約をしてほしい理由

これから式場を探す新郎新婦に伝えておきたいのは、式場契約後に悩んでいる新郎新婦は多いということ。さらに、式3ヶ月前から打ち合わせが始まり、予算が高騰していくタイミングで悩んでいる新郎新婦も。

式場契約を約一年前に済ませ、結婚式3ヶ月前に”失敗した・・”と思うぐらいなら、早い段階で色々と知って、その上で後悔のない結婚式をあげてほしいのです。

 

まとめ

現実的に3ヶ月前ではかなりバタバタすると思います。なので、事前準備はしっかり済ませた上で、式場を探して行くことが重要です。

また本当に実践する場合は、ぜひ余裕を持って、一度ブライダルフェアデートに行かれてみると良いかもしれません。

詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です